夏期の個別面談に関して ―SOLからのお知らせvol. 170―

(2016年5月26日 18:55)

こんにちは。SOLからのお知らせです。
「SOLからのお知らせvol. 169」では、帰国生入試やAO入試での重要性が増しているTOEFLやIELTSの対策について、少なくとも日本の大学を受験する1年前から準備を始めるべきということを述べました。その準備のスタートとして、SOLで海外の高校の休暇期間に行っている個別指導で学習の方法や目標などを確認してもらえればと思います。

なお、これからの夏の期間には個別指導の他に、大学受験に関する個別面談を実施しています。学習に対する意欲を高めるには、その目標が明確になっていることが必要条件の一つになります。SOLでは実際に帰国生大学受験セミナーの授業を担当している講師が個別面談を対応しており、TOEFLやTOEIC、IELTSで目標とすべきスコアや、小論文試験対策として受験までに何をすべきか、どれくらいの力を付けるべきなのか(これは客観的な数値で表すことが難しいので、小論文を添削している人でないと把握しづらいことです)ということなどをお伝えできると思います。また、SOLの教室にはOBOGがほぼ毎日出入りしていますので、どの大学のどの学部・学科では何が行われているのか、そして学生からの評判はどのようなものかということを頻繁に耳にします。そのような情報を大学受験における目標設定に活用していただけるということも、SOLの個別面談の利点の一つです。

今年度の入試直前のこの時期は帰国生大学受験セミナーの授業が多くなりますので、個別面談をご希望の方は早めにご都合のよい日時を以下のフォームやこちらからご連絡ください。よろしくお願いいたします。

【お問合せフォーム】
http://www.schoolofliteracy.com/contact/

トップへ戻る